プロフィール

yellow21f

Author:yellow21f
ギターのことや、日常のことなど書いていきます。

ほぼギター関連ですが…

ブロとも気軽に申請してください(^^)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エフェクター~ver.歪み~


たくはん。です!!

今回は、使用機材について話していこうかなと思います。


エフェクターについてです!


まだ購入されていない方、参考にしていただければと思います!


まずは、エフェクターというのは、ギターの音に様々な効果をもたらすものです。


基本的に

歪み

揺れ系

空間系

がよく耳にするのではないでしょうか?


細かくいうと、

・フィルター系

・アンプ系

・ハーモニー系

・ボリューム系

・シンセ系

・ダイナミクス系

・回路系


とあります!


あと、1個にいっぱい入ってるマルチエフェクターですかね?


種類だけでメチャクチャ多いと思います。(抜けてるものがあれば教えて下さい。笑)


多すぎるので今回は、歪みについて書いていきます!


まず、歪みの種類なんですけど、


クランチ < オーバードライブ < ディストーション


って強さで歪みの激しさが変わります

好みで使うっていうのもありますが、私は曲によって使い分けるって考えてます。


中でも、オススメの定番のやつで使えるやつTOP3を書いていきます。(筆者偏見あり)




まず第3位、


20170328181303724.jpg


ラット2



ラットかよ、と思った方、いらっしゃるかもしれません。


定番のディストーションと言ってもいいんじゃないでしょうか?


少しクセがあります。


攻撃的な歪みで、音作りによっては
周りの人の鼓膜をぶっ刺しまくるエゲつない歪みを出せたり、

使いこなせば爆音轟音の音圧の嵐を生み出して、周囲を圧倒できます。


シングルコイルに合う!って皆さん口揃えて言いますが、ハムでもぴったりフィットします。


凄まじく素晴らしいエフェクターで力強い味方です!








続いて、第2位!


20170328181348de2.jpg


パワースタック!!


クランチ、オーバードライブ、ディストーションまで歪めます。


ぶっちゃけ、1位なんじゃないかなと思ったのですが、他の歪みとの組合せを考えたら、1位の方が汎用性があったため、2位にしました。


現場でも使えます、この子。


これ1台あるだけで、どの曲でもカバー出来んじゃないかな?


1位の子と同じで、歪みをとても変えられます。が、全体的に力強く安定した音を出してくれますし、音作りやすいし、踏みやすいし、買って損はないです。


むしろ重宝します。


私の足下にも組み込んでます。







そして第1位は…


2017032818134997f.jpg



ブルースドライバー!!


BD-2ってやつです。


もともとBOSSの歪みは、基本的にどれも素晴らしい(慣れるまで難しいかも?)んですが、先ほど紹介したパワースタックと、ブルースドライバーは群を抜いてると思います。


ギター側のボリュームのツマミとピッキングで、歪みが大分変わります


あとなんといっても、クランチレベルの歪みがとても綺麗なんです。


ツマミ全開にすると、結構歪んでくれるので、幅広く使えます。


こちらも、私の足下に組み込んでます。


なので、初めてエフェクターを購入しようとしている方々!


歪みならば、ブルースドライバー、もしくは、パワースタックがオススメです!


マルチエフェクターは…

うーん、

オススメではありますけど、デメリットがあります…


また今度、私が体験したデメリットを書きますね…笑


そして、なんでファズフェイスとかホットケーキとかを出さなかったのか…


結構オススメノの歪みってあるんですよ、数多く。


しかし、1万円ぐらいで安定した音がすぐ出てくれるのも


名機たる由縁
なのかと、考え至った訳です…


私の偏見も入れましたけど


本当にオススメBEST3ですよ!!


それでは、また!!

エグいクロマチック練習方法



初心者の方への練習法を、最近書けていなかったので、今回は練習法の中でも、ポピュラーなクロマチック練習を書いていきます。



最初に言っておきます。

なかなかレベルの高いクロマチックです(笑)





その1
クロマチックをやるなら、メトロノーム流しながら行い、右手も意識せよ!



クロマチックは、運指のバタつきを押さえるための練習です。



それにメトロノームは、正確なリズムで刻むために必要な機械です。



ここまでは分かって頂けると思うのですが、なんで右手なの?と思った筈です!(レフティーの方なら、左手。右利き目線で書いてしまっています。)



なんで右手も意識するのか…、
それは、ピッキング強化です!



左手を速く動かすこととか、複雑なソロを弾くときって、一定のスピードに慣れてくると、今度は右手が追いつかなくなってくるんですね。



なんで毎回練習してるフレーズが追いつかないのか…


それは右手が安定したピッキングを行えていないからなんです。



なので、クロマチック練習をする際には、



メトロノームを用いて、右手を意識して練習するのが、効率が良いと考えています。



最初は難しいかもしれませんが、慣れてくると、身体がわかってきます。



私が行っていたのは…
(少し長いですが、細かく書いていきます。)



~~~~~~~~~~~~~~~

①、1フレット6弦に人指し指を置き、ダウンアップのオルタネイトピッキングで往復2回弾きます。



②、2フレット6弦に中指、オルタネイト。(人指し指は押さえたまま。)



③、3フレット6弦に薬指、オルタネイト。(人指し指、中指は押さえたまま。)



④、4フレット6弦に小指、オルタネイト。(人指し指、中指、薬指は押さえたまま。)



⑤、次は①~④を5弦でやりますが、指は弦から離さないで下さい。離すときは、その指が押さえる位置を変えるときのみです。



(※5弦を弾こうとしても、 他の指がミュートしてしまって、音が鳴らない時は、音が鳴るまで根気よくやってください。)



⑥、1弦まで下降していき、1弦が終わったら、次はその逆を行い、6弦まで上っていきます。



⑦、6弦まで上ったら隣の2フレットに人指し指を置いて、そこからまた①~⑥を行います。



⑧、3フレットまでやって、1フレットまで戻ってきたら、右手のピッキングを1フレット2往復ずつから、1フレット1.5往復ずつに変えます。

(ダウン↓アップ↑ダウン↓アップ↑のピッキングを、ダウン↓アップ↑ダウン↓へと変えますが、1フレット1.5往復なので、右手はずっとダウンアップの繰り返しです。)



⑨、毎回1フレットまで戻ってきたら、ピッキングの回数を減らしていくのです。1.5~1往復ずつに、1往復から0.5往復ずつへと。



これを、テンポ60でゆっくりやってください。
最初のうちは3フレットまでやったら、1フレットまで戻ってください。




~~~~~~~~~~~~~~~


ぶっちゃけます、
これスゲー痛いです。
最初は。



しかし、指も立ち開くようになりますし、何よりこれって指の筋トレに近いです。



運指の練習なので、慣れればOKですので、12フレットまで往復する必要はないです。


めちゃめちゃ萎えると思いますが、頑張ってみてください!


これがスムーズに出来る頃には、初めて見る押さえ方のコードもスッと押さえられますし、無駄なバタつきが軽減されてますので、ソロの練習もはかどる筈です!


気づきにくいかも知れないですが、確実にレベルアップします。


それでは、また今度練習法を書いていきますね!


では!!

音楽理論を1ヵ月かからずマスターする5



五度圏!!



解説しましたね。


それを使ったテクニックというか、技というか、考え方というか…


あるんですよ…、広げ方…。



しかし!! 


それを説明するには


まだ違うところを説明していかないと


こんがらがってしまうと思いますので、


まずは、ダイアトニックコードについて書きます。


最初の方に書いたんですが、


ここを説明するのを忘れていました(笑)


すみませんm(__)m


確認のためにどうぞ!!


音楽理論を1ヵ月かからずマスターする2


音楽理論を1ヵ月かからずマスターする3


では、始めます!


まずこちらをご覧下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~


トニック(T)安定感があるコード。曲の終わりのコードとしてよく使われます。(Ⅰ、Ⅲm、Ⅵm)


サブドミナント(SD)トニックとドミナントの間に入るコードだが、どちらにも進行できる。コード進行に彩りを与える。 (Ⅱm、Ⅳ)


ドミナント(D)不安定なコード。トニックに戻りたがる習性がある。(Ⅴ、Ⅶm)


~~~~~~~~~~~~~~~


コードに習性とかどうゆうこと?って、また思うかもしれないです(笑)


しかし、実際に定番と呼ばれるコード進行を弾いてみてください!



パターン1

C ー F ーG ー C

(T-S-D-C)



パターン2

F ー G ー Em ー Am

(S-D-D-T)



いかがでしょうか?


多分、私が言ったことを分かって頂けたと思います(笑)


このトニック、サブドミナント、ドミナントは今後、説明でも使っていきますので、是非覚えてしまってください!


その言葉だけで大丈夫ですので(^^)b


それでは、今回はここまでとさせて頂きます。


では!

音楽理論を1ヵ月かからずマスターする4



以前まではダイアトニックコードという物に触れましたね。



今回は、五度圏(サークルオブフィフス)というものを解説していきます。



こちらも超重要ですが、とても奥が深く、難しい所だと思います。

しかし、ギターならば分かりやすいと思います。


早速、見ていきましょう❗



五度圏 メジャー



こちらは、時計回りに5度ずつ上がっています。


逆時計回りからだと4度ずつ上がっていますね。



マイナーですと、


五度圏 マイナー



となります。



だからなんだよ…と思われるかもしれません。



しかし、よく見てください。



それぞれのKeyの、♯、bがすぐに分かるのです❗



これすごいですよね。


例えば、


KeyがCだとした場合、


隣のFから右へ7つ進みますと、


どこも♯もbもしていませんよね?


そしてそれがKey=Cの音階となります。





次はKeyをGとした場合、


Gの隣のCから、また7つ右へ進んで下さい。


今度は、Fが♯しましたよね?



それが、Key=Gの音階となるわけです!



この五度圏、覚えれば相当使えます。


また、五度圏を利用したテクニックもありますので、


次回、書いていこうと思います。


それではまた!!

音作りについて!





今回の記事は、音作りについて書いていこうかなと考えました。



やはり弾くのであれば、自分の好きな音で弾きたいですよね!



自分は、自分の好きな音で弾きたいです。



バンドでってなったら少し考えますが(笑)



それでは、書いていきます!



まず、アンプにはそれぞれ音域を調整できるツマミがついています。



トレブル(高)、ミドル(中)、ベース(低)、があるんですけれども、中にはプレゼンス(トレブルより高い)、レゾナンス(ベースより低い)があります。




そして、自分はこう思っています。




トレブル…高音域。上げすぎるとキンキンして、うるさくなる。



ミドル…中音域。上げすぎると音がボヤける。音を綺麗に抜けるさせるためのポジション。



ベース…低音域。上げすぎると音がモコる。太くしてくれる。



ですかね!



~~~~~~~~~~~~~~~

そして、皆さんギターは高音域の楽器だと思われガチなんですけれども、本当は中音域の楽器なんです。



高音域上げると、ドラムのハイハットとぶつかります。



低音を上げると、ベースとぶつかります。



ギターって中音なんですよ!



ボーカルとぶつかるのなら、ボリュームを上げるか、歪みを上げるか試してみてください!


~~~~~~~~~~~~~~~


ここまで色々書きましたが、一番手っ取り早い方法って、好きなギタリストを見つけることなんですよね。



そのギタリストが出してる音を真似して、


試行錯誤して、


やっとこさ似せることができて、


そっから少しずつ変えてって、


自分の音にしていく!


って流れが一番良いんじゃないのかなって思います。



でもまずは、どうすればその好きなギタリストと同じ音になれるかを考えたときに、基準がないと作りにくいと思うので、参考までに、私の音作りを書いておきますので、真似してみてください!



最近ストラトで、JCでしか弾いていませんでしたので、その音作りで失礼します。



highの方へ、ジャックをさし、BRIスイッチをon。


(メモリ)


トレブル…3~4つ目ぐらい


ミドル…4.1~4.3目ぐらい


ベース…2.5~4つ目ぐらい


ミドルはそんな変わらないんですが、トレブル、ベースはその都度、音がまとまるようにしています。



トレブルを上げれば、ベースを下げる。
ベースを上げれば、トレブルを下げる。
って感じです!



試してみてください!



歪みの音作りは、これを元にクランチ、ディストーションそれぞれ作ります。



クリーンで綺麗にまとめてるので、歪みのツマミは12時の方向から少し動かすだけで綺麗に鳴ってくれますよ(^^)人(^^)


それでは、また!


| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。