プロフィール

yellow21f

Author:yellow21f
ギターのことや、日常のことなど書いていきます。

ほぼギター関連ですが…

ブロとも気軽に申請してください(^^)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ⅱ-Ⅴのぶっ込み方!アレンジができる!音楽理論6


ダイアトニックの説明は終わりましたので、

次はツーファイブについて話していきます。

一緒にぶっ込んでいきましょう❗



そもそもツーファイブとはなんぞや?


って所なんですけども、


ダイアトニックで説明した、


2度と5度なんです!


key=Cでいうと、D- とGです!




例えばなんですけど


|D- |G|C|を弾いてみてください。


この進行がツーファイブワンと呼ばれるものです。


自然ですよね?


ただ、これだけでも良いのですが、


こちらを使ったノンダイアトニックコードと呼ばれる


ダイアトニックに存在しないセカンダリードミナントというものを使うと


より格好良くなるのです。




セカンダリードミナントとは!?


コード進行のどれかを、1度に変えてツーファイブ入れちまおうぜ!!


ってことです。



例えば、Key=Cで


|C|F|D-|G|


という、進行があったとしますよね?



そうしたら、


Fを1度と見て、


Key=Fのツーファイブを、


ツーファイブワンの形になるように


ぶっ込むのです!


なのでこうなります。


|C|G- , CF|D- ,G|


Key=Cなのですが、Fを1度としたツーファイブワンを入れているため、赤文字のところだけ、Key=Fになっています


このF以外でも、他のコードを1度としてみて、ツーファイブワンをぶっ込むことが出来るので、試してみてください!



マイナーキーでツーファイブワンを使用する時なのですが、


|Ⅱ-7b5|Ⅴ-7|Ⅰ-7|こちらで良いのですけども、


Ⅴ-7はⅤ7で使用するのが多いかな?と思います。


なんで?と思われるかもしれませんが、弾いてみてください。


自分もあまりこの事に関して詳しくないのですが、


コードの性格、特徴なのかなと 考えています。





さらに、いま紹介したツーファイブ、




省略できます!




2度、5度それぞれどちらか弾かなくても成立するんです。


これ初めて知ったとき、自分の音楽の幅が一気に広がった気がしましたね…。


以上で、ツーファイブの説明は終わりです。


そろそろ、五度圏の裏技(?)を書いていこうかなと、考えております。

それでは…。
スポンサーサイト

<< 裏技!?おしゃんてぃー進行!音楽理論7 | ホーム | コードについて2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。