プロフィール

yellow21f

Author:yellow21f
ギターのことや、日常のことなど書いていきます。

ほぼギター関連ですが…

ブロとも気軽に申請してください(^^)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードについて2


はい、続きです。


ここでは、コードの読み方について説明致します❗




例えば、Cコードについて


Cm7(11)  


は?ってなりますよね。
実はこうなっています。


C…ルート音。コードの中心になる音。


m…ルートから数えて3度の情報。bしてるか(m)、してないか。
 

7…ルートから数えて7度の情報。

  セブンスと読み、

  △7ならば7度を、7ならばb7度押さえる。

  6シックスも入ったりする。


(11)…ルートから数えて11(4)番目の音を入れます。他に9th,13thがあります。



その他にも、


sus4…ルートから数えて3度ではなく、4度を入れる。


add9…ルートから数えて9度(2度)を入れる。


omit3…パワーコードの違う呼び方。


dim…ルート音 ➕ m3 ➕ b5 ➕ △6 という構成音。
   ノンダイアトニックで使用したりする。


aug…ルート音 ➕ △3 ➕ ♯5 という構成音。
   メジャーコードと、6thコードの間に入れてるのが多い気がします。



大体、このぐらいですかね…。


なので、ルート音の場所と読み方さえ分かっていれば


初めて見るコードでも押さえられます!




分数コードは見たまんま、分子のコードを押さえて、


分母の音が強く響く5、6弦のところを押さえれば良いです。


オンコードも同じです。


慣れるまで難しいかもしれません…。


でもぶっちゃけ楽しめれば良いよね!って思いますので、


無理に覚えなくても…と考えてしまいます。笑


楽しく曲弾いていれば勝手に覚えますよ(^^)




これで、コードの読み方は終わります!。

それでは…
スポンサーサイト

<< Ⅱ-Ⅴのぶっ込み方!アレンジができる!音楽理論6 | ホーム | コードについて >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。